EOS 5D

画像

フルサイズ1200万画素。
5年使ったけど良いカメラでした。

センサーの大きなEOS kissと言われれば、まあその通りかもしれない。質感はマグネシウム外装なのでそこそこだが、使用感はガサツというか、あまり上品でもなければ高速でもない。とは言え、当時30万円台でフルサイズで1000万画素オーバーというスペックは夢のようだった訳で、現代的な視点から文句を言ってはならない存在なのだ。

高感度はダメ。ピント精度はイマイチ。でも、ちゃんと撮ったものは今の機種と比べても遜色ないくらいよく写るし、大伸ばしも十分耐える。

画像
マグネシウム外装は丈夫そうに見えて意外と柔らかい。十勝岳の岩場に落下して穴が開く、アスファルトに落として割るなどで交換2回。柔らかさは衝撃を吸収するのだろうか、内部の異常は起こしたことがなかった。ミラー落下のリコールは出したけど、自分のは落ちませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック