EOS-1D mark IV

画像
EOSのボス、ではなくてEOS-1は別系統とでも言いたげな謎のハイフンをもつ一族なのがEOS-1D markIV。

重い。でかい。そして素晴らしい。
鳥撮りにはAPS-Hという中途半端なフォーマット、悪くない。もうAPS-Cでもイイや、とも思うけど悪くない。APS-C用のレンズが使えず、フルサイズに対するメリットは皆無でも悪くない。むしろけっこう好き。

ファインダーが見やすい。ピント正確。連写も高速。失敗が少ない。

操作系はやっぱり世代が古くなってきており、ちょっと使い難い部分あり。AFエリア選択は鬼門。あとはレンズ着脱のタイミングによってはISユニットのロックがかからないことがあるようで、レンズからカラカラ音がするとちょっとビビる。

他のカメラを併用するとこの機種の良さがより理解できる。ボタンの配置、ストロークや力加減の設定は一つ一つ練られていることを実感。重さも際立つので大変なんだけどさ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック